不惑野郎の絵日記です。

»カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
»多機能カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
»最近の記事
»最近のコメント
»最近のトラックバック
»Motion Clock 1
»ブログ開始から何日経った?
»ブログ内検索
»RSSフィード
»リンク
»FC2カウンター
»プロフィール

13貫目

Author:13貫目
70年3月大阪万博の頃の生まれ。

»ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

»検索

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

さてさて

2008-04-06 (Sun) 16:23
眉月光002b


またまた復刻ネタ。ヤクルトアトムズが復活。

おっと本題に行く前にマツダ車とトヨタ車の記事でのブログ拍手ありがとうございます。
簡単ながら拍手のお礼とさせてもらいます。

~つづき
手塚治虫生誕80周年記念のために復活するらしいです。
レオ(西武)VSアトムもやるようです。
アトムズがあったのは昭和40年代。
国鉄からサンケイ―ヤクルトと親会社が変わった頃にあったんですね。
スワローズ―アトムズ―スワローズと行ったり来たり。

球団の変遷を見てみると(wiki調べ)

国鉄スワローズ(1950~1965)
   ↓
サンケイスワローズ(1965途中)
   ↓
サンケイアトムズ(1966~1968)
   ↓
  アトムズ(1969)
   ↓
ヤクルトアトムズ(1970~1973)
   ↓
ヤクルトスワローズ(1974~2005)
   ↓
東京ヤクルトスワローズ(2006~現在)

俺が知ってるのはヤクルトスワローズからだから、懐かしさに浸れるのは40代以上でしょうか。

で個人的にアトムズでまっ先に思い浮かべるのが「侍ジャイアンツ」の「眉月光」
いわゆる「巨人の星」の花形さながらの典型的な主人公の宿命のライバルなのにイマイチ知名度がないのは、所属球団が「阪神タイガース」ではないからでしょうか(笑)
その代りこの「ジャイアンツカラー」のユニフォームは当時の三原監督の趣味によるとか^^;
そういえば三原監督といえば「西鉄ライオンズ」の監督として有名ですが、巨人を追われた監督としても有名です。
その為か「大洋ホエールズ」や「東映フライヤーズ」でもジャイアンツ風カラーを採用したとか…
よっぽどいろんな思いがあったんでしょうね。
そういう色んな意味合い(大人の事情的な)で見てみれば眉月のヤクルト入りも時期的にはこれはこれでアリかと。
さ~すが梶原センセ…(山田康雄風)

ところで今回の復活ユニホームは袖にアトムの描かれていた1970年ごろのビジター用のモデルのようです。
「侍ジャイアンツ」の三原(眉月)モデルとは違うみたいですね。
勝手を言わせてもらえば「サンケイアトムズ」モデルが見てみたかったですが…
ヤクルトじゃないから無理だったかな…う~ん残念。
でも復刻ユニフォームは素直に嬉しいよね。
これからもファンサービスの一環として定期的にやってほしいです。

さてさて画像は似てないけど眉月(笑)茶髪がイカスぜ!!(死語)
スポンサーサイト
雑記 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。